見出し画像

人生の時間の使い方|社会的にやる意義があること、自分のやりたいこと

先日、Facebookに「人生の時間の使い方」という下記の問いを投稿をしたら、多くの方からお返事をいただいた。みんな同じようなことを考えていたのかな~と思ったのでnoteにまとめてみます。

<人生の時間の使い方>

➀社会的にやる意義があること
➁自分がやりたいこと

➀と➁が重なる場合には全力でそれをやればいい
➀に少し疑問があっても、圧倒的に➁であれば、それをやればいい
ただ、圧倒的に➀だけど、➁に少し疑問がある場合はどうするか?

皆さんどうしますか?

この質問、人生の時間の使い方として、➀社会的にやる意義があることに注力する人、➁自分のやりたいことに注力する人、またその他の意見など、いろんな意見が出てきて面白かったので、自分なりに分類してみました。


➀社会的にやる意義があることに注力する派

①のことで他の方よりも自分が一番適しているのならば、やりたくないことでもやります。僕のキャリアアンカーは、社会奉仕なので、やっているうちに好きになると思います(^-^)
目の前にみたことない①が降ってきた時掴むと、後々大きな②になることが多いかな、あんまり②ないんだよね~
①を優先に30年程やってきた。でそれがいつしか浄化されて②になってきている。そこで②について一度立ち止まって瞑想したりしながらよく考えると①は今への過程で、全て繋がっていたんだと気づいた時、震え涙しました。

<感想>
➀社会的にやる意義があることに注力する派の人たちも、結果としては、まずは➀をやり続けているうちに、➁につながっていくというような意見が多かったように思います。


➁自分がやりたいことに注力する派

➁ですね!社会を作ってる人、自分よりも出来る人は幾らでもいると思ってるので、自分がやりたい事をやるのが幸福に近いと思います。➀を選び、死ぬとき後悔したくないですし。
②の時間をいかに増やすしか考えてなかったー。①ができるほどの有能じゃない凡人だから。
②がある人は幸せです。それに向けて頑張ればいい。

<感想>
直球で、➁自分のやりたいことに注力する!と答えられる人たちの清々しさたるや、気持ちがいいです。私自身も、この問いを考える前は、圧倒的に➁でした。


その他の意見

①×②が沢山ありすぎて、余命が足りないので、①×(②でない)を考える暇がないけど、ただ、後者は、いろいろな人との連携で、出来る限りやる、かな。
➀×➁は絶対にやる!
そして、➀×(➁でない)は、自分でやらなくても「役に立つことあるよー!」って発信する!そうすると誰かがやってくれる。

<感想>
この視点は出てこなかった。➀×(➁でない)に関しては、自分でやるか、やらないか、の二択で考えてたけど、自分でやらないけれども誰かがやってくれるように活動する、というのは新しい視点でした。

下記に示した、まりえちゃんのまとめ図がとても分かり易い。私自身としては「➀社会的にやる意義がある×➁自分のやりたいこと」に注力してやっていきつつ、➀×(➁でない)ものに関しては、周りの誰かがやってくれるように発信していこうと思いました。


▼まりえ画伯のまとめ図

画像1


皆さんからフィードバックをもらえるのは嬉しい。とても学びになりました。この記事が、人生の時間の使い方を考える上で、少しでもヒントになれば幸いでです。

お幸せに!

読了ありがとうございます!Twitterもフォローいただけると嬉しいです!

ありがとうございます!フォローはお返しします!
38
▼株式会社ビジネス・ブレークスルー海外MBA事業責任者 ▼肩書:薬剤師、博士(薬学)、海外MBA、起業家、投資家、幸せの研究者、愛妻家 ▼モットー:やりたいことをやる ▼キャリア:製薬会社研究者→外資コンサル→人材開発 ▼ここでは「ありのままに生きる」をテーマに書いていきます

こちらでもピックアップされています

幸福学のススメ
幸福学のススメ
  • 30本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。