見出し画像

現役の女性MBA生に聞く「これからの人生展望」

皆さん、こんにちは。

現役女性BOND-BBT MBA生の磯村奈穂さんに「これからの人生展望」についてインタビューしました!

インタビューの様子はYouTubeに動画としてアップしていますので、ご覧いただけると嬉しいです。


それではさっそくインタビューにいきましょう。


MBAを学んで予想外だったこと

それは3つあります!

1つめは「予想以上に大変だった」ということです。入学する前にBOND-BBT MBAに入学を決めた理由として、「お金・時間・気力がないわたしでもできそう」という気持ちでした。それは裏を返せば「大したことないんじゃないか」と思っていたのですね。

なので、ある程度楽にできるのかと思いましたが実際はとても大変だったのですね。今まで日本語で学ぶことに慣れていたわたしにとって、例えば論文などでも英語で書かれていることが多いですし、日本語でキーワードを検索しても出てこないことが多く、毎日新しいことだらけでした!

2つめは「出会った人たち」です。先生やスタッフの方々はもちろん、生徒はポジティブでタフな方が多かったのですね。そして、もちろん生徒の方は日本人が多いですし、海外に興味がある人も多く、意見は合うほうだと思っていたのですが、これがバラバラだったのです。(笑)

ですが、バラバラな意見をまとめていくことに対してのみなさんのコミット力などとてもパワーを得ることができました。

3つめは「新たな自分の発見」です。わたしは専門職ということもあり、同じ資格をもっている仲間の中でも、分析や論理的に考えることが得意な方でした。それに加えコーチングやメンタリング、組織づくりなどに興味があるということを自分で認識していました。

しかし、BOND-BBT MBAで実際に学んでみると、わたしは論理的かと思いきやそうでもないということが分かってきました。プレゼン資料をあわせるときに、根拠をたくさん並べることが上手な方がたくさんいらしてる中で、比較的わたしは感覚的にするタイプなのだと気づくことができました。

あとは、コーチングや人とのコミュニケーション、組織づくりなどが得意かと思いきや、外資系の企業ではすでに先をいっているケースがたくさんあり、それに対して自分が良いかと思うとそうでなかったということも、知ることができました。

一方で、自分の得意なところが感性なところでした。事業を生みだすことが得意だったのです。イノベーションなどのアイディアがぽんぽん出てきます。

会計士はどちらかというと現実的で硬いイメージがあると思うのですが、わたし自身は、収益性や実現性の知識もありつつ、アイディアや企画などの分野が得意なんだなと気がづきました。

そこでひとつ嬉しい経験があったのですが、イノベーションの授業で、主席を取らせていただいたことがあり、スタディツアーで授業が一緒だった方に職業をきかれ会計士ですとお伝えしますと、とても驚かれました。今まで驚かれた経験がなかったので、とても嬉しかったですし、自分はこういったところが得意なのだと気づくことができました。


これからの人生展望

まだまだ変わっていくと思っています。今の状況では、BOND-BBT MBAプログラムを受講していることと個人事務所をしていること、企業の役員であるという3つの軸で行っています。

BOND-BBT MBAの卒業生の方々は、卒業するとBONDロスになるという話をみなさんされるのです。わたしも今からBONDロスに備えてなにかやらなきゃ!と考えています。それが3つあります。

1つめは「場所を選ばない働き方を実現して海外に住むこと」です。どちらかというと手段になるのですが、これはスタディツアーで叶えることができたので今は色んなところで海外に住みたいと言っています。(笑)

2つめが「これまでの環境に恩返ししたい」ということです。会計士になる受験生の応援や大学生のメンタリング、今お世話になっている企業に対してなのですが、MBAの知識は大企業向けと思いきやベンチャー企業にも生かせることがたくさんあります。そういったことを伝達できれば良いなと思っています。

3つ目は大きなテーマなのですが「見て見ぬふりをなくしたい」ということです。例えばいじめにしてもなにかで苦しんでいる人が相手に伝えても、その伝えた相手が問題に感じていないと、意見の相違ではなく無かったことになる、いわば自分の見たい範囲でしか物事をみない風になってしまうのですね。それは企業の不祥事にもつながると思っています。

これはわたし自身が苦しかったときに、なぜ誰もわたしの存在を認識しないのだろうと思っていました。これは被害者側だときれいに見えても、自分がその立場でないと見えていないことがたくさんあります。そういったことに対してなにかできることはないかなと、今後のわたし自身に対して思っていることです。

BOND-BBT MBAプラグラムでの学びをどうしようと考えたときに、専門職でやっており、そして働き方やコーチングなどのダイバーシティをやっている中でさらに、もう1段階この学びを生かして新しいサービスを始めて・・・みました!


磯村さんが始められた新しいサービスとは?

通信向けの防災関連のビジネスです。

実際にBOND-BBT MBAプログラムのアントレプレナーシップという授業で新しいビジネスを立案しているときに、これを本当に形にしたいと思いました。

まだモニターさんにしている段階なのですが、これからさらに募集しようと思っていますので、ご興味のある方はぜひ!よろしくお願いします。

――――――

いかがだったでしょうか?

MBAでの学びを生かしたいという気持ちと、授業の中で立案したビジネスを実際に形にするという素晴らしく面白いお話を聞けました!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

お幸せに!

読了ありがとうございます!Twitterもフォローいただけると嬉しいです!

ありがとうございます!フォローはお返しします!
2
▼株式会社ビジネス・ブレークスルー海外MBA事業責任者 ▼肩書:薬剤師、博士(薬学)、海外MBA、起業家、投資家、幸せの研究者、愛妻家 ▼モットー:やりたいことをやる ▼キャリア:製薬会社研究者→外資コンサル→人材開発 ▼ここでは「ありのままに生きる」をテーマに書いていきます