新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

34名のMBA在校生/修了生に聞いた「MBAを取る理由」とは?

わたくし米良はMBAホルダーでございます。そんな米良の周りには多くのMBAホルダーがいらっしゃいます。そこで気になったので聞いてみました。

Why MBA? 

そうです。ズバリ「MBAを取る理由」とは何か?についてインタビュー調査をしてきました。

MBAと一括りに言ってもいろんなMBAがあります。国内/海外のMBAという分け方もできますし、全日制/パートタイム/オンラインのMBAという分け方もできます。

今回わたくし米良がターゲットとしたのは、「オンライン×海外MBA」の在校生あるいは修了生で、34名の方々からお話を伺ってきました。

昨今の新型コロナの影響もあり、オンライン学習が注目されていること、そして、グローバリゼーションが更に加速する中であることから、今回は「オンライン」かつ「海外」のMBAをターゲットとして調査をしました。

それでは「MBAを取る理由」をランキング形式で示していきましょう。第3位から順番に見ていきます。

ペン


第3位:外部要因の変化による危機感

まず第3位は、外部からの刺激を受けてMBAを志したパターンです。これはとても明確な理由を持った方が多かったです。

例えば、はじめて海外出張/駐在を経験し、あまりに他国のメンバーが優秀であること(一方で、自分がデキない奴であること)を痛感して、自分をアップデートするべくMBAの門を叩いた、とうい方が複数名いました。

また他の例では、内資系の会社でまったりと働いていたけど、急に外資系企業に買収されて、社内がグローバル化すると共に、上司が全員外国人になり、英語で仕事を進めることが必要不可欠となった。それで必要に駆られて海外MBAを志したという方もいらっしゃいました。

このような方々にとっては、グローバルな仕事感を磨くために、「海外」MBAを通して学ぶことがとても良かったのだと感じました。

1人ワーク


第2位:ビジネスの知識を体系的に学びたい

次の第2位は「ビジネスの知識を体系的に学びたい」というものでした。これは、特に30代半ばくらいの方に多かったです。

例えば、10年強ビジネスの最前線で働いてきて、一定の成果を出してきたけども、自分自身の成長のカーブが頭打ちになってきたのを感じている、もう一段階ステージアップするためには何らかのブレークスルーが必要である、と感じてMBAを志した方が多かったです。

また同様に、管理職になったのは良いけれど、自分がチームをマネジメントしつつ成果を出す方法を手探りで探すことに限界を感じて、体系的にビジネスを学びたいという方が多くいらっしゃいました。

このような方々にとっては、「オンライン」MBAにて、仕事を辞めることなく、ビジネスの最前線に立ち続けながらMBAを学ぶことが良かったのだと感じました。

グループワーク


第1位:何かわからないけどモヤモヤとした焦り

さて最後、第1位は「何かわからないけどモヤモヤした焦り」です。正直に言います。わたくし米良がMBAを志した理由もこの「モヤモヤ」が理由でした。言語化するのが難しいですが、本当にモヤモヤしてました。

例えば、グローバルで環境が大きく変わっていく中で、自分は会社の仕事だけをしていて大丈夫なんだとうか、とメチャ不安に感じていました。また、大企業に勤めていれば一生安泰でもなくなっていることも感じていました。

加えて、日々仕事をする中でうすうす感づいてたのが、なぜか優秀な上司や同僚たちはMBAホルダーが多い感じがする。そして、優秀な人たちはMBA的なフレームワークを使って仕事を進めている感じがする。

一方、自分はフレームワーク的な武器を持たずに、ピヨピヨ素手で戦っている気がする。どうしよう!?焦る!!という感じでした。

今回、いろんな方々の話を聞いてみて、わたくし米良だけかと思っていたら、思いのほか同じような「モヤモヤした焦り」を持った方が多かったのには驚きました。

このような方々(わたくし米良含む)にとっては、とりあえずMBAに挑戦という、人生を一歩踏みだしたこと自体が、人生の好転に繋がっているように感じました。

防止投げ


まとめ

ここまでランキング形式で見てきましたが、オンライン×海外MBAを学ぶ/学んだ人たちが語る「MBAを取る理由」はとても興味深かったです。

インタビューを受けてくれた方々の一部は、YouTubeでの動画公開をOKしてくれた方もいます。その方々の動画リンクを下記に共有します。

この記事を読んでおられる方の中にも、MBAを検討されている方がいらっしゃるかもしれません。1つだけお伝えできるのは、「やらない後悔よりも、やった後悔をしましょう!」と言うことです。

MBAを取れば人生の成功が約束されるのか?と問われれば「No」でしょう。ただ、小さな一歩かもしれませんが、人生が廻りはじめるのは確実だと思います。クヨクヨ悩んでる暇があったら、是非トライして欲しいです。

今回は、34人のMBA在校生/修了生へのインタビューを通して見えてきた「MBAを取る理由」について語ってみました。少しでもご参考になれば幸いです。

お幸せに!

読了ありがとうございます!Twitterもフォローいただけると嬉しいです!

ありがとうございます!フォローはお返しします!
36
▼株式会社ビジネス・ブレークスルー海外MBA事業責任者 ▼肩書:薬剤師、博士(薬学)、海外MBA、起業家、投資家、幸せの研究者、愛妻家 ▼モットー:やりたいことをやる ▼キャリア:製薬会社研究者→外資コンサル→人材開発 ▼ここでは「ありのままに生きる」をテーマに書いていきます

こちらでもピックアップされています

MBAものがたり
MBAものがたり
  • 42本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。