見出し画像

ボクは意識高い系!発言に対するフィードバックで気がついた自分の視野の狭さ

皆さんは「意識高い系」と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?ご参考までにWikipediaの解説リンクを貼っておきます。

意識高い系(いしきたかいけい)
自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。
大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。
出所:Wikipedia(2020年6月29日アクセス)

この説明でわかる通り、この「意識高い系」という言葉は、かなりネガティブなニュアンスで使われています。

わたくし米良は、たまにではありますが、意識高い系だと揶揄されることがあります(直接的に言われるというよりは、意識高いですね~と嘲笑のまなざしで見られることがあります)。

そんなときは、サラリと受け流せるようになりたいなと思いながらも、正直なところ少々傷ついたりもします。

そして先日もまた、ちょっと小バカにされたような感じで、意識の高さを揶揄されたことがあり、悔しくなったわたくし米良は、下記の内容をFacebookに投稿したのです。

ボクは意識高い系
これまで出会ってきた素晴らしいと思える人の中で、意識が低い人は1人もいなかった。
そのタイミングで結果が伴っていないと『意識高い系』と揶揄されることもあるけど、意識を高く持ち続けなければ結果はついてこない。
ボクはいつまでも意識を高く持っていたい。
そう、ボクは意識高い系

この投稿は、わたしとしては独り言のつもりで書いたのですが、この投稿に対して、多くの方がフィードバックを下さり、新たな気づきをえることができました。

すべての方の言葉が、わたしの心に刺さったのですが、もっとも考えさせられたのは、下記の言葉でした。

コメントしたくなったのでコメントします。意識高い系とカミングアウトするのも素晴らしい。しかし、意識低い系と言われてしまう人の痛みや挫折や悲しみの中にも学ぶべきものはたくさんある。意識高い系の他に、愛高い系、感謝高い系、繊細さ高い系、人の心わかる力高い系など、多様な良さがある。結果が出なくても学びはある。などなど、付け加えるべきことがたくさんあると感じたので、補足的に投稿してみました。自分は何者という主張の裏には分断の危険があることを常に考えて世界のすべての人を愛するといいと思うよ。

このフィードバックをもらって、わたくし米良はとてもハッとさせられました。そうか、ボクはボクの価値観でのみ世界を見ていたんだと気づかされました。

そして自分を省みて、これからはより広く構えて、多様な良さを受け入れて、結果につながらないことからも学んで、彩り豊かなこの人生を味わいたいと思いました。

さらには、世界のすべての人を愛する「自分」という器を広げていきたいと感じました。

ふとした独り言に対して、フィードバック下さった皆さんに感謝!このフィードバックを通して新たな気づきをもらいました。

わたくし米良は、まだまだ人間としての成長段階でございます。人間として、よりよく在りたい。

改めまして、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

お幸せに!

読了ありがとうございます!Twitterもフォローいただけると嬉しいです!

ありがとうございます!フォローはお返しします!
26
▼株式会社ビジネス・ブレークスルー海外MBA事業責任者 ▼肩書:薬剤師、博士(薬学)、海外MBA、起業家、投資家、幸せの研究者、愛妻家 ▼モットー:やりたいことをやる ▼キャリア:製薬会社研究者→外資コンサル→人材開発 ▼ここでは「ありのままに生きる」をテーマに書いていきます

こちらでもピックアップされています

幸福学のススメ
幸福学のススメ
  • 30本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。